Polvo de Estrellas.

星のように輝きたい。

巨星墜つ、と言ってもいい。

今日、どうしても。
急逝でした。
ディープインパクトのことです。

平成競馬を代表する馬と言っても。

ボクが競馬にハマったのは1990年のことなので実際には平成競馬をずっと観てきたわけです。

となると色んな名馬がいた事になりますが。

オグリキャップは全盛期は昭和になるし。
トウカイテイオーは騎手が固まってなかったし。
メジロマックイーンは距離が融通訊かなかったし(長距離専門)
フジキセキは早すぎる引退だったし。
テイエムオペラオーはどうも地味だったし。

と考えればディープインパクトの凄いのは、勝ち方が派手だったといいますか。

素人目に見ても凄い!と思わせる勝ち方だったように思います。

なので、ディープインパクトこそ「平成の名馬」と言っていいのかな、と。

引退してからも。

引退してからも、種牡馬として…

ディープブリランテキズナといったダービー馬を排出し…

あ、ロジャーバローズもじゃった。

牝馬も多くの重賞勝ち馬を輩出しました。

サンデーサイレンス系というよりかは近年ではディープインパクト系になりかねないことに。

それだけ凄いんです。

武豊からのバトン。

ディープインパクトといえば武豊
その武豊オグリキャップに騎乗して奇跡を起こしました。
ディープインパクトの産駒で話題になったのは…
キズナ武豊かぁ。

そのキズナの産駒が今年デビューして早速重賞勝ちを収めました。

となると、令和は新たなスターを求めているのでしょう。
それを見届けることなく逝ったのが心残り。

いや、キズナ産駒が重賞勝った時点で「こりゃイケる」と思った、と。

でもあとは鞍上。
ユタカさんも現役としては残り少ないかもしれません。

となると…
話題性も含めて藤田菜七子ちゃんがかっさらってもいいのかもしれません。

ディープインパクト産駒とは言いません。
令和の競馬は彼女に委ねても…

やはり現場やね。競馬も仕事も。

本日少し時間がいただけたので有給休暇いただいてこれ書いています。
ま、その前に勉強がてらYouTube観てましたが(笑)

しかし、競馬も当たらたない、仕事も上手く進まない。
心の拠り所はお外での遊びです。
そう、ソロキャンプ。
妻と二人でするのもいいのですが(小川キャンパルの良さを味わえるという利点もあるんで)、ソロが一番落ち着くんですね。
一人で設営からレイアウトに食事の準備にとやることはすべて一人。
でもそれがいいんですね。自分でやるから自分で責任持ってやれる。仕事場では味わえませんもん。
躁うつ病患ってからというもの、チームプレーの難しさや辛さを嫌というほど味わってますから。
ソロなら自己責任。自分の思いがどう活かせるか。腕がなるんですね。

この日建てたテントは思った以上に不細工。
ま、これも自己責任。
これを積み重ねて将来に生きるのです。

あ、その将来については、また別の項で。

夏競馬は現地で観るのが一番!

先週は函館記念でした。
遡ること数年前に北海道へ旅行したときに函館付近の温泉ホテルに泊まって朝6時頃に発って函館競馬場へ。
指定席の優先券を求めに並んだのをついこの間に思い出します。

運良く指定席が取れたのでゆっくりと全レース観ることができました。
そしてやきとり弁当も食べれましたし。

その時の写真を…と思いましたが、面倒くさいのでやめます。
ま、指定席からは遠巻きに津軽海峡らしき海が見えたのが印象に残ってます。

そういうのがあるので、現場に行くってのは大切なのかもしれませんね。
特に夏競馬は馬を見極める時期。新馬もですが条件馬もです。
函館競馬場に行って痛感しました。

とは言っても、広島在住の我が身では北海道に行くのは…
となると小倉開催ですか(笑)

皆さんも機会があれば夏場の競馬場はいかがでしょうか?
たしか入場料も100円でしたし。今はわかりませんが。

現場仕事求む。

今の仕事のメインは、上の方への調整となっています。
あるゴールを目指すために上の方への調整が必要になり、協議に次ぐ協議。
しかも1日で済むわけではないのです。相手方のこともあるわけですから。

調整、協議となるとダメ出しを受けるのも常でして。
現場で受けるダメ出し以上にダメージがあるんですよ、この種のやつは。
現場なら「こうやってみます、ああやってみます」をその場でやって色々と進められますが、そうでない会議室はその場でやれない、持ち帰り。

そのためか、最近吐き気が止まりません。
今ブログを書いているときは落ち着いてますが…

なので、自分で現場に出るしかないのでしょうね。
ということで、色々と考えているわけです。

青写真は描けている。

その青写真は出来つつあります。
ただ、ボクにとって必要なものが色々とあるので、それをいつゲットするかが問題です。

青写真のいくつか。
これを如何に伝えるかがボクのこれからですかね。

現場が無理な場合には。

さて今週は函館で2歳重賞もありますし。
と思ったら、選挙ですね。
競馬に行かれる方は前もって期日前投票に行きましょう。
そうすればいくらでもJRAに意見できますからね(笑) ※JRA農林水産省の外郭団体ですからね。

そんなボクは選挙の投票所で事務をしています。
有権者の方がしっかり来られているかをチェックしてますよ(笑)

それよりも期日前投票しに行かなきゃ!

快挙とパイオニアと自分の人生と。藤田菜七子に学ぶ。

古い話題になってしまいましたが、ワールドウィメンズジョッキーカップ(という名だったと思うのですが)にJRA藤田菜七子騎手が総合優勝したというニュースが入ってきました。
海外で勝利するのも大変ですが(JRAの騎手だと細江純子さんがシンガポールで勝利しているくらいで)、2勝してシリーズに総合優勝したというのが素晴らしい話。
これでまた株を上げましたね。多くの騎乗依頼があるでしょう。
その分体調管理が大変でしょうが、頑張って欲しいものです。

イオニア精神

実際には藤田菜七子騎手はパイオニアではないのですが、今の時代だとたった一人の女性騎手。
やることが開拓者っぽくなります。地方に行っても海外に行っても。
この2月にはG1にも騎乗しました(フェブラリーステークスで5着)。

たぶん、彼女は手探り状態でこの4年くらいを行っているでしょう。
その間に同期が重賞に勝利したりしましたし。
焦りもあろうかと思います。

でも、手探り状態の中で得たものが生きる時期がやってくるのでしょうね。
Dr.コパさんのように理解ある馬主さんがいますし、重賞勝利などもそう遠くないでしょうね。

彼女を見習いたいもんですわ。40男ですけど。

自分の人生、パイオニア精神あったっけ?

そう振り返ると自分の人生は公務員という職業柄、冒険的・開拓者精神があっただろうか…

自分の無力さを感じながら過ごしてきたと思っているのですから、藤田騎手のような力強さが欲しいものです。

自分のやりたいことをやってみたり、積極的に動いたりしたのでしょうが、評価がされていないような気がしますから、まだまだなのでしょう。
というか、今でも無茶振りされたり無理難題を言われている現状が辛い…と感じているから、この業界では限界が出てきているのかもしれません。

なので、自分の仕事を振り返る、変えてみる時期が来ているのだと思います。

やりたいことが見えてきたので。

病気(躁うつ病)がそうさせているという言い訳はしたくない。
やりたいことが見えてきたので、そのやりたいことを具体的な画にしてみたいとおもっています。

その計画は手帳に記してみています。
そしたら少し人生が楽しくなってきました。

ということで、これから頑張ってみますか。

リラックスさせる材料として、my bluを始めました。
タバコでなくフレーバーを蒸気で吸うやつです。
意外とイケる味。家の中でやるにはいい感じです。
公共の場でやるには誤解を招くので大変ですが。

新しい画を書いてみますか!

よし、タイムリミットを決めておこう。

この1、2週間考えていました。
「仕事を辞めよう。新しい仕事を起ち上げよう。」と。

なぜ辞める。なぜ起ち上げる。

この数週間、ずっと思っていたことがあったんですね。
「仕事をこのまま定年までやっていけるのだろうか」

ボクは公務員です。下手すりゃ皆さんの敵にもなりかねない業種です。
でも、この仕事は外からのプレッシャーもありますが、内部でのプレッシャーとかあります。
正直、パワハラにも取りかねないこともありますし。
それで、数度に渡ってうつ状態になって休職にもなりました。

なので、いわゆる「出世レース」は12馬身くらい遅れてます。
実のところ、仕事ぶりは評判いいらしいんですけどね。

でも、出世もないし、定年もいつの間にか60歳が65歳になったりして、同じような仕事が続くのかな…と思ったり。

なので、やれることがあったらそれをしてみよう、と思ったのが今年の春。
で、行き着いた先は「仕事辞めてみっか」です。

で、自分で仕事を起ち上げてみたいと思ったのです。
自分のペースで、自分のオリジナルで、自分のやりたいように。

なぜ?と聞かれたら…
今やりたいことがあるから。と答えたいと思います。

そこで考えた様々なこと。

仕事を辞めて新たな仕事を起ち上げるにあたって。
まずクルマを維持経費の安い軽自動車にする。
っていうか、今レヴォーグなんですけど、軽自動車にしたら維持経費が格段に違うかな、と。

で、自動車保険の更新の際に軽バンとかのカタログを持って帰りました。
とは言え、軽自動車にしても良し悪しありますけど。。。

あと、不動産とか起業セミナーとか考える機会が増えました。
実は一時期「起業」を考えていた時期がありました。
そこでセミナーに参加していた時期があって、今でもその関係でメールマガジンをいただいています。
それを元にまたセミナーに参加してみようかな、と思います。

そうしたら、忙しくなるなぁ…

やらない後悔よりやって後悔、ですよね。

みんなが言います。
「やらない後悔よりもやって後悔」って。
本音なら今の仕事を上手く活かしてやっていきたいのですが、ご存知のとおり公務員は副業禁止です。
なので、今のうちはカネをもらうことなくイベントとかの企画で人付き合いを深めたり人脈作ったり。
やっていきます、2年後に向けて。

2021年の3月末と10月アタマ。
この時期で、この時期が自分のリミットです。
妻には迷惑をかけるでしょう。自分のやろうとしていることはどれだけ無謀かわかっています。

でもやらなきゃ。
とりあえず、計画を今月いっぱい使って練って(やることは決まってるんですが)、妻にプレゼンします。

あ、その前に妻へ誕生日プレゼント買わなきゃ。8月生まれだから。

自分へのたぶんラストに近いボーナスのご褒美はこちら。

ガーミンのスマートウォッチ。
使い心地についてはまた書きたいと思います。

おわりに。

結局のところ「躁うつ病」というものがなければ、(たぶん)65歳までうだつの上がらない生活をしてたのかもしれない…と前向きに考えています。
反対に病気になっていなかったときに出世したときにはどうなっていたか…というのも考えたこともありましたが。

これから、人脈と実績作りのためのアクションを考えていきます。
カネ以上に人脈を今のうちは作らなきゃね。

宝塚記念と帝王賞…ってあったのね。

先程、自立支援医療の手続きを行ってきました。
ま、詳しい内容はググってください。
それで自立支援医療ってのをわかっていただければ幸いです。

躁うつ病を患っている人間としてはこの手続きは正直辛いのですが、やっておかないと相当な医療費を出さなければなりませんので。
医療費控除を受けれるとは言いますが、それ以上にこの制度は必要です。

今年も無事に治療が受けられますように…

宝塚記念観戦記。

ここからは競馬の話をします。病気の話だけだとつらいですから。
それ以上に競馬の話をして心身ともにリラックスしたいし。

先日の宝塚記念、競馬場で観てきました。阪神競馬場でです。
大阪梅田駅から向かう阪急電車を見るだけで興奮ですよ、奥さん。

ま、阪急電車宝塚歌劇団を観るときも利用させてもらうのですが、雰囲気が何よりもいい。
競馬場に向かう列車とは言え、品があるのです。ロイヤルアスコットではありませんが。

で、競馬場です。

指定席が奇跡的に当選したので行けたのですが。
これがダメなら、翌日の宝塚歌劇団公演のことだけ考えるしかなかったです。
考えることが多いって幸せですよ。これマジ。

馬券は初志貫徹でエタリオウ、キセキ、レイデオロリスグラシューで勝負。
ですが、肝心のエタリオウが9着…
三連単で購入していたのでハズしました。
結局来たのは、パドック本馬場入場で見ていいと感じたキセキとリスグラシュー
しっかりと見てから馬券は購入すべきと感じた一日でした。

終わったあとも来場していた「松坂桃李」さんのトークショーで人は溢れていまして。
ま、松坂桃李も馬券ハズしたらしいし(キセキの単勝を購入していたらしいですね)、同類ということで。

しかし、ボクが戦隊シリーズに再びハマったキッカケのシンケンジャー
その頃から「この人が売れたら芸能界面白いよな」と思っていたら、今や戦隊シリーズは売れっ子芸能人で溢れてますよね。松坂桃李から純烈まで。
またいつの日か競馬場でお会いしたいものです。

しかし、観戦する方々が出すゴミとかの散乱を除けば、阪神競馬場は世界に誇れる競馬場です。
指定席がとれれば、ほぼ日焼けの心配をしなくていいですし。
あのパドックの綺麗さと雰囲気は日本競馬が誇ってもいい光景です。
あとは馬券が取れていたら…
この日は結局2レース当てましたが、大赤字。勉強し直します。

帝王賞はもっと有名になっていいレース。

今日は帝王賞でしたね。一応知っていましたけど。
ダートの花形と言っていい重賞です。
ちょうどトゥインクル競馬の開催中ですし、風情はあっていいんだろうな、と思っています。
それだけにもっと有名になっていいと思っていますが…
どうなんでしょう。

一般紙でレースの結果が出るとか。LINEニュースで出るとか。Yahooニュースでも出るとか。

もっと有名になって欲しいんです。
それが地方競馬(この言い方自体好きじゃない)にとって有益になると思うので。

あ、地方競馬の言い方が好きじゃないと言いましたが、「地方」と言うのではなく「東京シティ競馬」とか「園田競馬」とか競馬場の名前がはっきりしていたほうがカッコイイと思うのです。特に大井。

さて、その帝王賞
本命は内の枠に収まっていることからチュウワウィザードかと。でないと高配当が期待できそうもない。知らんけど。
あとはダミアン・レーンがイケそうな気がするオメガパフューム、イケイケで押し切れるかもしれないインティ。
穴で和田が渾身の一撃をということでミツバ。スーパーステションも抑えておきましょうか。

馬単1↔5,9,10,11

なんだ…オッズ見たら堅かった…

これも競馬ですかね。

さて、来週からは本格的な夏競馬。どうしようかな。